スポーツ

藤井聡太様々な記録を更新!成長遍歴と棋譜をご紹介

更新日:

先日7段に昇段した藤井聡太さん、年内に8段の昇段はあるのでしょうか?

今日は藤井さんの成長遍歴、棋譜についてまとめてみましたよ~。

どうぞ最後まで楽しんでお付き合いくださいね~。ヾ(´▽`*;)ゝ"

Hanju Leeさん(@hanju_1023)がシェアした投稿 -

成長遍歴と棋譜

現在15歳の高校生藤井聡太さん、異例の速さで昇段し、将棋界に新風を巻き起こしていますね~。(*^-^) 藤井さんが将棋を始めたのは5歳の時のことです。

2007年夏に、祖父母に将棋の手ほどきを受けると将棋に夢中になり、その年のうちに将棋教室に通うようになります。まだ字も読めない時から符号を頼りにして、500ページを超える所司和晴著「駒落ち定跡」を1年で読破してしまったというから驚きです。(ー△ー;)エッ、マジ?!!!

棋士養成機関である奨励会に入会したのは小学校4年の時、当時は6級でしたがそこから順調に昇級、昇段を重ねて2015年10月18日に、13歳2か月の史上最年少で奨励会3段に昇段しています!†ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

少しだけ解説しますと、将棋でプロと呼ばれるのは4段からで、原則満26歳の誕生日を迎える(3段リーグ終了)までに4段に昇段していないとプロへの道は絶たれます。現在はアマチュアにも実力者がいることから、特例でプロになる道が残されていますが、原則は26歳の誕生日までがプロ入りの期限になります。

藤井さんは、なんと第59回奨励会三段リーグ戦で、14歳2か月で4段への昇段を決めました~。∑q|゚Д゚|pワオォ これまでは、ひふみんこと加藤一二三さんが14歳7か月で昇段したのが最年少記録で、藤井さんはその記録を62年ぶりに更新しました。まさに半世紀に1人の怪物と言ってもいいでしょうね~。中学生棋士は、ひふみん谷川浩司さん、羽生さん、渡辺明さんに続く5人目、先の4人は全員のちにタイトルを獲得していますので、藤井さんも将来はタイトル戦を戦うのはほぼ間違いないとみられています。σ(^○^)

尚さん(@fusononha)がシェアした投稿 -

2016年のクリスマスイブにひふみんと第30期竜王戦6組ランキング戦で対決、62歳の歳の差対決でしたが、見事プロ初勝利を挙げています。この時藤井さんはまだ14歳5か月、史上最年少のプロ公式戦勝利になりました。o(^▽^)o

様々な記録を更新

藤井さんのプロになってからの歩みは、記録の更新と言っても過言ではありません。

2017年6月26日には、神谷広志8段が打ち立てた歴代最多連勝記録である28連勝をあっさり更新し、29連勝としました。30連勝のかかる1番では、佐々木勇気さんが藤井さんの連勝を止めて話題になりましたよね~。(´ェ`*)ネー

kenichi.huangさん(@amasawa0815)がシェアした投稿 -

2017年11月21日には、15歳4か月で、通算50勝に達しましたがこれも史上最年少記録でした~。2018年2月1日には5段昇進をあっさりと決めると、続く第11回朝日杯将棋オープン戦では、佐藤天彦名人、羽生善治竜王、広瀬章人に勝利しています。

現役のタイトルホルダーを倒してしまうなんて、本当に末恐ろしい藤井さんですが、「5段昇段後全棋士参加棋戦優勝」の規定により6段に昇段しています。藤井さんは15歳6か月で、一般棋戦優勝、全棋士参加棋戦優勝と6段昇段の最年少記録を一気に更新してしまったのです!凄すぎますね~。(o^∀^)

さらに2018年5月18日には、第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝で船江恒平さんを破り、昇段の規定を満たしたことで見事7段への昇段を果たしています。7段昇段の最年少記録をまたしても更新しました。o(^-^)o

藤井さんの7段までの成長遍歴がどのくらい凄いか、他の著名棋士と比較してみました。

7段昇段の年齢とプロ入りから7段昇段までの期間

藤井さん     15歳 1年7か月
羽生さん     20歳 4年9ヶ月
谷川浩司さん   18歳 4年3ヶ月
ひふみん     17歳 2年8ヶ月
渡辺明さん    21歳 5年6ヶ月
佐藤天彦さん   24歳 5年6ヶ月
佐藤康光さん   24歳 6年6ヶ月
中原誠さん    21歳 3年6ヶ月

ひふみんが一番近い記録ですが、それでも期間では1年以上の違いがあります。

上記の棋士たちは日本を代表する名棋士ばかりですが、その中でも藤井さんの記録が際立っているのがわかりますねえ。これから藤井さんの記録がどんな風に伸びていくのか本当に楽しみですねえ。(o^∀^)

藤井さんの棋譜は、様々なサイトで対局があるたびに公開されています。また中継がある時ですと、プロによる解説などがあり、藤井さんの棋譜を理解するのに役立っています。

藤井さんは、詰め将棋もかなり強く、プロ棋士や奨励会員も参加する詰将棋解答選手権チャンピオン戦では小学生の時に優勝し、その後歴代1位の4連覇を達成しています。⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!! その為、詰将棋さながらの正確な寄せには定評があります。羽生さんは、藤井さんの将棋についてこんな風に話しています。
「元々名をはせたのは詰め将棋だが、順調に成長している。最短コースで寄せ切る(詰ませる)のは谷川先生の光速の寄せに似ている」

光速寄せ・・・格好良すぎますね~。^^棋風は居飛車の本格派と言われ、角の使い方がかなり独特です。棋譜をみると、藤井さんの差し方がわかりますので興味がある方は是非読み解いてみてくださいね~。(*^-^)

年内8段昇段は?

藤井さんの昇進があまりにも早いため、将棋雑誌の特集の編集が追い付かない・・・なんてこともあるようです。

また、4段、5段、6段の在位期間があまりにも短かったために、これらの段位が書かれた藤井さんのサイン色紙は早くもプレミアがついているといいます~。

藤井さんの昇段に関して師匠の杉本昌隆さんはこんな風に話しています。

「1年で2段上がる人はいますが、3段上がる人は私の知る限りいません。(中略) 私の場合は、7段まで来るのに15年以上かかりました。これは遅くもなく、早くもなく、ごくごく平均的なレベルです。藤井7段は比較のしようがないくらい早い」

もう怪物的なレベルの強さなんですね~。o(^◇^)o藤井さんの8段年内昇段はあるのでしょうか?

実は6月1日に8段の昇段規定が変わります。従来の昇段規定は、1「竜王位1期獲得」、2「順位戦A級昇級」、3「七段昇段後公式戦190勝」でしたが、それに4「タイトル2期獲得」という規定が加わります。

藤井さんが、年内最短で8段昇段する見込みがあるのは1のみで、今期の竜王戦7番勝負に勝ち進み、羽生さんから竜王位を奪取することが要件です。つまり、勝ち抜いた末に、羽生さんへ挑戦することがまず絶対条件で、それからさらに竜王タイトル戦でタイトルを取ることが求められます。(*^-^)

吉永美子さん(@takara0310)がシェアした投稿 -

現状厳しいと言わざるを得ませんが、藤井さんならなんかやってしまいそうな気になりますね。タイトルを獲得できれば12月に藤井8段が誕生することになりますので、期待して応援しましょう~。

いかがでしたか。今日は棋士の藤井聡太さんについてまとめさせて頂きました~。

最後までお付き合い頂きありがとうございました~。(*´∀`*)ゞ

おすすめの記事

  • この記事を書いた人

ままっち

芸能ニュースと猫が大好きな女性ライター。猫をひざに乗せながら、芸能ニュースやゴシップ情報をわかりやすくまとめてお伝えしていきます!

-スポーツ
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.